ロード中メッセージ


ロード中メッセージ


  • 正義とは、法と秩序の付随物にすぎない。

  • この国では、葉っぱ1枚でさえ私の許可なく動かしてはならない。それを周知徹底させたいのだ。
  • 私は高みに立って見下ろしている。神がそう望んだのだ。
  • 私は死ぬ。私に続く者もやがて死なねばならぬ。だが選挙よ、汝は死なぬ。
  • 私は常に恐怖を振りまくような人物ではない。1度だけ警告しよう。私の仲間に触れるなら、法の支配は終わりを告げる。
  • 私は独裁志願者に過ぎなかった。真の独裁者ではなかったのだ。
  • 私は無愛想な顔をしている。独裁者と呼ばれるのは多分そのせいだろう。

  • 君は選挙で勝った。だが私は集計で勝った。

アラン・コレンク
  • 自分が聞きたいと思っていたことを言われて独裁者を選ぶ。民主主義はそうやって作られるのだ。

  • どの国家も身の丈にあった政府を手に入れる。

  • いかなる国においても、死なねばならぬ人々がいる。彼らは法と秩序を達成するために捧げられた犠牲なのだ。
  • 弾丸より速く走れるわけがない。

  • 勝っても負けても、選挙の後にはショッピングに出かけますわ。

  • 独裁が事実なら、革命は権利となる。

  • 推薦されても立候補はしない。選挙で選ばれても仕事はしない。

  • この候補者集団のいい点は、1人しか当選しないと言うことだ。
  • 共産主義は禁酒法のようなものだ。名案だが、役に立たない。

  • 自由とは非常に尊いものである。尊いものであるからこそ、慎重に割り当てねばならない。

  • 暴力には暴力で答えなさい。仲間の1人が今日倒れたなら、明日は5人の敵を倒さなければなりません。

  • 土地と自由を!

  • 人々が独裁者を崇める限り、カエサルやナポレオンが生まれ、人々を惨めにするだろう。

  • 「Politics(政治)」という語は2つの語から成る。ギリシア語で”Poli”は「多数」、”tics”は「ノミ」である。

  • 私個人は、自分の写真や像を街中で見たいとは思っていない。だが国民はそれを望んでいる。
  • 全てのトルクメニスタン人の人生よ、素晴らしいものとなれ。そう、このメロンのように。

  • 要するに、政治とは重大すぎるがゆえに、政治家の手にゆだねてはおけないものだということだ。

  • 大義と小さな人間とは、相性が悪い。

  • 32回もクーデターが起こればもう十分だ。
  • 国際社会がまた要求をつきつけてきた。我々が受け入れれば対立に終止符が打たれる、そういう要求だ。

ジョージ・F・ウィル
  • 理想主義は立派だが、現実に近づくにつれてその代償は途方もないものとなる。

  • 革命を守るために独裁制を確立するものはいない。独裁制を確立するために革命を起こすのだ。

  • そいつは赤だ!

  • だから同胞たるアメリカ人よ、国家が何をしてくれるかではなく、国家に何が出来るかを問え。
  • 平和的革命を不可能にする人物が、暴力的革命を不可避のものにする。

  • 毎年恒例の選挙が終われば、重労働が始まる。

  • 革命では勝つか死ぬかだ。それが真の革命ならば。
  • 革命は、熟れれば勝手に落ちるリンゴとはわけが違う。自分の手で落とさなければならないのだ。
  • 裁判による論証など、銃殺刑には不要だ。そんな手続きは時代遅れのブルジョアの些事にすぎない。
  • 私はキリストではないし、慈善事業家でもない。キリストとは正反対だ…
  • 私は解放者ではない。解放者など存在しない。人々が自らを解放したんだ。
  • 私を殺しにきたのだろう。ならば早く撃て、臆病者め。お前はただ1人の人間を消そうとしているだけなのだぞ。
  • 途上国が計り知れないほどの汗と涙を流して生み出した原材料を国債市場価格で売ることの一体どこが「互恵的」なのだろうか。

デヴィッド・ウルフ
  • 理想主義は経験に先立ち、シニシズムは経験を後追いする。

  • 急旋回しなければならない。ざっと360度ばかり。
  • 優秀なジャーナリストとは、人民が言ったことを書く者ではなく、書くように期待されている書く者だ。

  • 政府への抵抗の精神は重要な場合もある。それゆえ、私はその精神を常に持ち続けていたいと思う。

  • 大統領になりたがる者は誰であれ、うぬぼれ屋か狂人のどちらかだ。

  • どう表現しようとも、報奨は人々をいっそう労働に駆り立てるものなのだ。
  • どんな政治家もやることは同じだ。川のないところにさえも橋を掛けると約束する。

  • 自由への行進は逆行できないものだ。恐怖がその妨げになってはならない。

  • この国は精神的な意味での天国だ。地獄で生きるよりは天国で死にたいものだ。
  • 革命はバラ色の寝床ではない。革命とは未来と過去の間で繰り広げられる死闘だ。
  • 思想は武器を必要としない。
  • 私を有罪にするがいい。それは大したことではない。歴史が私の無実を認めるだろう。
  • 社会主義が失敗したと言う者がいるが、アフリカやアジア、ラテンアメリカのどこで資本主義が成功しているというのだ?

フランク・デーン
  • 愚か者たちをすべて味方につければ、何にでも選んでもらえる。

  • 最高の人物に投票したいのは山々だが、そういう人物が候補者になったためしがない。

  • 政治においては偶然に起こることは何もない。起こったことは、そのように計画されたことだ。
  • 本来の意味において、自由は与えられるものではない。勝ち取るものだ。

  • ハイチ国民のことはよく知っている。私がハイチ国民なのだから。

  • いかなる革命も消え去り、あとに残るのは一塊の官僚制のみ。

  • すべては国家の中にある。国家の外には何もないし、国家に敵対するものも何もない。
  • 実際のところ、人々は自由に飽きたのだ。

ヘンリー・ケイトVII
  • 政治家のジョークの問題点は、そいつらが当選してしまうことだ。

  • 物理的な力に魂の力で立ち向かうという荘厳な高みを、我々は繰り返し目指していかねばならない。

  • 敵が間抜けであったことを、神に感謝しよう。

  • 自由と平和を分かつことはできない。自由を持たないことには何人たりとも平和ではないからだ。

  • これは真の民主主義だが、現実的に統治するのは常に強者だ。

  • やり直せるものならば、農家になりたいものだ。
  • 首長は首長だ。高みを飛ぶ鷲であり、蛙が唾を吐こうとも届くことはかなわない。
  • 盗みをはたらきたいのなら、うまいやり方で少しだけ盗むがいい。盗みすぎて一夜にして金持ちになると、捕まってしまう。

  • 思想は銃よりも強力である。敵から銃を奪っておいて、思想を持たせておく理由などない。
  • 党内の誰がどう投票するかはまったく重要ではない。きわめて重要なのは、誰がどう票を数えるかだ。

  • 2世紀にわたる大統領だ。

  • 政治に目を向けるのだ。さもなければ政治に噛みつかれるだろう。

  • 人々は大統領が詐欺師かどうか見極めなければならない。もちろん、私は詐欺師ではない。どんなものでも全力で手に入れてきたのだ。

  • 暴動はひとつの芸術であり、あらゆる芸術と同様に、独自の法則を有している。
  • 目的が正当化できる限り、目的は手段を正当化する。
  • 力を信じないというのは、重力を信じないのと同じことだ。

  • 政治とは鈍器の巧みな使い方である。

  • 私は環境保護論者だ。…きれいな空気に賛成だ。

ロバート・オーベン
  • 選挙があるたった一つの理由とは、投票が正しいかどうかを調べるためだと思わないかい?

  • 合法でない方法が必要なこともある。

  • すべての反革命闘争は不当であり、すべての革命闘争は正当である。
  • われわれの制度は労働者階級を指導者とし、労農同盟を基礎とした人民民主独裁である。

作者不詳
  • TheChristianRight(キリスト教右派)は、Christian(キリスト教的)でもRight(正しい)でもない。
  • 政治家はおむつのようなものだ。どちらも同じ理由で定期的に交換しなければならない。
  • 選挙期間中、空気は演説で満ちあふれ、演説は空気で満ちあふれている。
  • 投票するな。やつらをけしかけることにしかならん。


  • 最終更新:2010-06-04 16:21:46

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード